パソコンの画面とノートパソコン
  • ホーム
  • サイト内リンクの構築方法

サイト内リンクの構築方法

ユーザーが利用しやすいようなページを構成するためには、サイト内の他のページにアクセスをする内部リンクを最適化する必要があります。トップページからアクセスをして他のページを開く場合もありますが、トップページ以外のページから流入するケースも少なくないからです。記事を読んで、別の記事を開く際も内部リンクが必須です。

SEO対策を実施する際は、サイト内に設置する内部リンクの最適化を図る必要があります。ユーザーが利用しやすいように内部リンクを設けるとページの評価が上がるので、SEOに効果的です。内部リンクを設置する際は、いくつかのポイントを意識しておくと良いでしょう。

内部リンクを設ける場合は、キーワードをアンカーテキストに含めるように最適化します。アンカーテキストに、“こちら”とか“ここをクリック”などのように指示代名詞が使用されたページを多く目にします。アンカーテキストは指示代名詞などではなく、具体的なキーワードにした方が分かりやすくなります。ただし複数のキーワードをスペースで区切って使用するなどして不自然になると、スパムとみなされてしまうので要注意です。アンカーテキストは、記事の文章中に自然に使用されているキーワードを使用するのがベストです。

サイトによっては、ページを構成する際に深い階層を設ける場合があります。階層が複雑になる場合には、閲覧中のページがどの階層(場所)に居るのかを示すための“パンくず”を付ける方法が効果的です。階層が複雑すぎるとページランクが下げられてしまう恐れがありますが、パンくずを活用すればランクが下げられるのを防ぐことができます。

Webサイトにはページごとに異なる役割があり、メインのコンテンツを掲載したページの他にもトップページ・サイトマップ・補足的な説明を載せたページなどで構成されます。内部リンクを最適化する際は、最も重要なページへのリンクを集中させることです。検索エンジンはサイト内の各ページでもランク付けをしていて、内部リンクの数で重要度が判断されます。最も重要なページを最高ランクにすれば、サイト自体の評価を上げることができます。

内部対策として、サイトマップを作ることもSEO対策に有効です。階層構造が複雑になるとユーザーが迷子になってしまう場合がありますが、検索エンジンのクローラーも同じです。全てのページにアクセスができるサイトマップを作成するとユーザーが閲覧しやすくなりますし、検索エンジンのクローラーが全てのページを巡回するのにも役立つからです。

関連記事
人気記事一覧