パソコンの画面とノートパソコン
  • ホーム
  • ソーシャルサービスを利用しよう

ソーシャルサービスを利用しよう

サイトの集客効果を高めるためにはSEOの他に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用する方法もあります。SNSのほとんどはサーチエンジンのクロールを拒否しているので、直接的なSEO効果は見込めません。それでも多くの人にサイトの宣伝をするという点では、SNSで拡散させることによって非常に大きな集客効果が得られます。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスは20代・30代に限れば9割近い人が利用していて、情報交換のために同じ趣味や関心を持つ人が集まりやすいという特徴があります。SNSを活用してサイトのコンテンツに関心を持つ人々のコミュニティで宣伝をすることで、ピンポイントで効率的にサイトを広めることができます。コメント欄のURLからの流入が期待できます。多くの人にサイトを宣伝すれば被リンクの獲得にもつながるので、間接的なSEO効果(外部対策)が得られる場合もあります。

ソーシャルサービスを利用してアクセス数を伸ばす方法のひとつは、サイトの存在やコンテンツ内容をSNSのコメントやプロフィール機能などを活用して拡散させることです。コメント欄にURLを紹介しても検索エンジンの外部リンクとして登録されることはありませんが、SNS内で共有し合うことで拡散させることができます。URLを紹介する際は、リンクをクリックしてみたいと思うようなコメントを付けておきます。文字数に制限があるので、単語を慎重に選んで簡潔かつ効果的な文言を用意しましょう。

サイト内のページに、SNSに誘導するためのリンクを導入する方法もあります。SNSのリンクを導入すれば、サイトにアクセスしたユーザーがページの内容をSNSで共有しやすくなります。サイトが共有されて情報が拡散すれば、宣伝効果が得られて良質の被リンクが獲得できる場合があります。

ソーシャルサービスは直接的なSEO効果が見込めませんが、上手に活用すればSNS内のコメントで被リンクが設置されてサイトへの流入効果が期待できます。もしもソーシャルサービス内のコミュニティに外部サイト管理者がいれば、外部サイトの被リンク獲得にもつながる可能性があります。

ソーシャルサービスのコメントに、サイトで取り上げられているコンテンツについての評価や意見が書き込まれるケースも珍しくありません。コメントをチェックすることでユーザーのニーズを把握したり、コンテンツやページの改善に役立たせることができます。

関連記事