パソコンの画面とノートパソコン
  • ホーム
  • 被リンクとは何なのか説明します

被リンクとは何なのか説明します

パソコンを使っている女性

Googleでは検索にヒットしたwebページを表示する際に、プログラムが判断した評価の高いwebサイトが上位表示される仕組みになっています。当然のことながらアクセス数を稼ぐためには上位表示された方が有利なので、プログラムに高く評価されるようにすることが大切です。大量の競合サイトが存在する中で多くのユーザーに閲覧をしてもらうためのSEO対策を実施する際は、Googleのプログラムが評価を決める仕組みを理解しておく必要があります。

Googleのプログラムがwebサイトやページの評価を行う基準として、外部サイトからの被リンクの数や質が含まれます。外部サイトに設置されたリンクは自分のサイトに対する推薦状のようなもので、より多くの被リンクが設置されるということはコンテンツに価値があるといえます。

外部リンクの本来の役割とは、ある特定のサイトを閲覧したユーザーに対して有用な情報が得られるサイトやページを紹介することです。もしも質の低いページに誘導するリンクを設置すると、自分のサイトの質も低くなってしまいます。サイト管理者が設置する外部リンクは、閲覧者にとって有益な情報が得られるページに限られます。このような理由で、Googleではサイトの質を評価する尺度のひとつとして被リンクを活用しています。

被リンクは他サイトを紹介するためのページにまとめて設置されるケースもありますが、大抵はコンテンツのテキストに含められる形で記述されます。テキスト中の特定のキーワード(アンカーテキスト)が他のページのURLに誘導するリンクになっていて、閲覧者がクリックをすればすぐに別のページが開きます。

被リンクの本来の目的とは閲覧者が別のサイトを参照することができるようにするためのものですが、検索エンジンで競合サイトよりも上位に表示されるためにも重要です。競合サイトに勝つためにはSEO対策としてコンテンツの充実やユーザービリティを考慮したページ作りが欠かせませんが、被リンクは検索エンジンの評価を上げる重要な鍵のひとつです。

コンテンツやページの改善などの内部対策はすぐにできますが、良質な被リンクを獲得するためには長い時間がかかります。一般的に外部サイトに設けられる自然な被リンクは、意図的に作成することが難しいからです。新たにサイトを立ち上げたら、コンテンツを充実させたりSNSで宣伝をするなどして他サイトの管理者にリンクを設置してもらえるように努力をすることが大切です。

関連記事
人気記事一覧